バックナンバー
  • トップ /
  • 建設機材の騒音対策の必要性

使うなら低騒音型の機械を

建設機材の騒音対策の必要性

建設現場で騒音対策をするには

建設工事の騒音対策を考慮した機材を国土交通省では低騒音型の機械として指定し、使用を推進しています。工事現場では様々な機械が使用されます。機械の使用することで発生する騒音や振動は大きく、近隣住民との裁判になることもあります。そのため工事を行う場合には、騒音や振動に関する対策を十分に行うことができる業者に依頼するのが合理的です。建設工事で使用される機材の騒音対策を十分に行うためには、まず騒音の種類を知ることが必要となります。コンプレッサの使用により、常に一定の騒音が発生するのが定常型です。油圧ショベルでは連続的に音量が変化します。またダンプトラックは間欠的に数秒の騒音を発生させます。さらにダイナマイトによる発破のように、単発的な騒音を発生させるものも存在します。発生源の異なる各種類の騒音に対して、適正な対策を施すことが求められます。建設機材の騒音対策は、円滑に工事を実施する上で不可欠なものです。国土交通省が指定する低騒音型の機械には、ブルドーザーやバックホウなど全てを合わせると6000以上ものが存在します。低騒音型の機械を使用するなど騒音に対して十分な対策を施すことが、結果としてトラブルを避けてコストを適正なものにすることにつながります。

↑PAGE TOP