バックナンバー

建設の凄い情報

新着情報

  • トップ

環境に配慮した工事とは

建設機材の選び方とは

建設機材を選ぶ際のポイント

建設機材の選び方の基本は騒音と振動の少ないものを選択することです。国土交通省はブルドーザーなど6000種類以上の低騒音な機械の他に、28種類のバックホウなど低振動な機械を指定し導入を推進しています。工事現場で発生する騒音と振動については騒音規制法と振動規制法によってそれぞれ規制されており、環境省による基準も存在します。騒音の場合は85デシベル、振動は75デシベルを超過することができません。建設機材の合理的な選び方とは、より騒音や振動が少なく環境に配慮したものを選択することです。環境への対策を十分に行うことで、周辺住民との軋轢を避けることができます。仮に裁判となり慰謝料や損害賠償を支払うことになれば工事のコストも増加します。騒音と振動の少ない機械を導入することが、コストの増加を抑え効率的な工事を行うことにつながります。また工事現場を良好な環境にすることで、作業員の作業効率も高まり工期に影響を与えます。より短い期間で工事を完成させることができれば、工事のコストを削減でき工事価格にも反映されます。環境に配慮した騒音と振動の少ない機械を選択することが、効率的な工事を可能とする合理的な建設機材の選び方です。

↑PAGE TOP